審美歯科のホワイトニングは、歯を削ることなく白くする

スポンサードリンク               プライバシーポリシー

審美歯科ホワイトニングは、削ることなしに、加齢や遺伝による歯の黄ばみ白くする方法です。歯みがきや歯のクリーニングでも落ちない汚れを除去し、歯を本来の色よりも白くすることができます。

審美歯科のホワイトニングにおいては歯の表面にホワイトニング剤を塗り、歯を黄ばませている色素を分解して歯を白くしていきます。天然の歯を白くしていくため、自然な仕上がりとなります。 審美歯科ホワイトニングを希望するケースとして多いのは、年齢とともに目立ってくる歯の黄ばみ、遺伝性の歯の黄ばみや変色が気になる場合です。

また、白さを際立たせたい自然にきれいにしたいと望む方も多くいます。

審美歯科のホワイトニングのタイプは、大きく分けて3種類

審美歯科ホワイトニングのタイプは、大きく分けて3種類になります。

まず、審美歯科へ行って実施するケースです。ホワイトニング効果のあるジェルを歯に塗り、
光や熱で活性化させて黄ばみを分解させ、白くします。 しみることもなく自然な仕上がりになり、
効果
長持ちします。時間は45分ほどで完了することができます。

また、自宅で行うことのできる場合もあります。 個人の歯型に合わせ、ホワイトニングジェル
流し込んだマウスピースを自宅で装着します。白くなるまでは最低でも2週間ほどがかかりますが、
より白くすることのできる確率が上がります。

マウスピースは透明で薄いものですので、装着していることは人にわかりません
普通に会話することもでき、装着したいときだけつけておくことも可能です。
白くなりたい期間や歯の質によって、ジェルを使い分けることになります。

また、審美歯科ホワイトニング自宅での処置の双方を行うケースもあります。
お互いの方法の長所を組み合わせることができるのです。
短期間で希望の白さになり、効果も長持ちします。

SPONSORED LINK

審美歯科のホワイトニングを行うことができないケースもある

黄ばみの原因によっては、審美歯科ホワイトニングを行うことができない場合もあります。
着色性の強い飲食物やヤニが歯の表面についた黄ばみについては、クリーニングによって白くします。

年齢や遺伝のための黄ばみ、長年の色素沈着による黄ばみがある場合は、
審美歯科のホワイトニングが可能です。

歯の病気や外傷、薬剤の副作用による黄ばみ・変色、詰め物、差し歯などの人工の歯については、
ホワイトニング改善することはできませんのでセラミック治療を行います。

審美歯科で行うホワイトニングとその他のホワイトニングとの間には違いがあります。
審美歯科で使う薬剤には、過酸化物が入っています。
これは、医療機関でしか使うことができません。
元の歯の色よりも白くなり、なおかつ安全性も高い物質は、現在は過酸化物しかありません。
その他の成分では汚れを落としたり、白い色を塗布することができても、歯自体は白くなりません。

審美歯科のホワイトニング効果は、3ヶ月から10ヶ月ほどとなっています。
飲食によって再び歯の表面に色がついていくほか、「脱灰」によってエナメル質の表面が溶ける作用と
再石灰化」によって自己修復される作用とが働きます。

再石灰化の作用によって、歯は元の色に戻っていきます。
ホワイトニング
した後の戻りは、歯の再生能力が正常に機能していることの証明であるのです。

スポンサードリンク